MENU

人間だけじゃない!アレルギー持ちニャンコにおすすめのキャットフード選び

キャットフードは添加物に気を付けて

人間の場合には、体に不調が起こったら手軽に検査をすることができたり、その原因が特定できれば、それを除去した食生活をすることで、アレルギー反応が起こるのを防ぐことも可能です。しかし、ネコちゃんの場合は、人間が与える食事を食べることになるので、飼い主がしっかりとした知識を持って、適切な対応をすることが非常に重要になってくるのです。症状にも軽いものから、重症なものまで、ネコちゃんによってさまざまですが、はじめは軽度だったのに、次第に悪化していくということも、よく見られるケースですので、ネコちゃんの不調の原因が何にあるのか、まずは獣医師に相談して明確にしておくことが大切といえるでしょう。
最近では、アレルギーに対応したキャットフードも市販されていますから、そのようなものを試してみると良いかもしれません。通常のフードでも大丈夫な場合もありますが、その場合には、フードの添加物に気を付ける必要があります。添加物とは、キャットフードなどの品質を一定に保つために添加されるもののことです。人間用の食品にも多く使われていますが、その中には安全性に関して疑問を持たれているものも多く、特に猫用などペットフードの添加物に関しては、日本では、その規制が緩やかだと言われています。そのため、なかには発がん性が疑われたり、体調不良を引き起こすような添加物が含まれていることも多いのです。そういった添加物を使うと、あまり品質が良くない原材料でも、美味しく見せることが可能になったり、長期間にわたって、腐敗することを防ぐことが可能になるので、販売する側としては、とても助かることなのですが、そのような理由で体に良くない影響を及ぼす食品をネコちゃんに長年食べさせ続けるのは非常に問題といえるので、飼い主が気を付けるべきでしょう。

 

注意するべき原材料とは

ネコちゃんがアレルギーを起こしやすい食品には、いくつかありますが、キャットフードに含まれるものの中では、穀物などが多いようです。ネコという動物は、本来は肉食であるため、人とは違って、穀物を体内で分解することができません。その結果、消化不良を起こして体調を崩すことにもなってしまうのです。しかし、市販されているキャットフードのなかには、穀物が多く含まれたものが多いともいえます。それは、穀物が魚や肉に比較すると、一般的にコストの面からみて、安く済む場合が多いために、積極的に原材料として使用されているともいえるのです。しかし、安いからといって、そのようなネコが消化できないようなフードを長期間与え続けるというのは問題といえるでしょう。また、肉であっても、どんな種類の肉なのか、原材料としては肉類としか記載されていないケースもあり、そういった場合には注意が必要です。ペットフードに関しては、日本では規制が緩やかであり、少ない割合で配合されている原材料については、特に記載しなくてもよいということになっています。そのため、肉類とある場合には、それが加工肉であるのか、どの肉であるのか分からないだけでなく、品質にも疑問が残ってしまいます。もし、良質で安全な肉を使っているフードであれば、そのようなあいまいな表示はしないわけですから、そのような表示を見かけたら、安全面について、疑問に思うことが大切だといえるでしょう。ですから、ネコちゃんの健康を考えるのであれば、しっかりと原材料についての記載がされているフードを選ぶことが重要です。ペットフードのメーカーの中には、粗悪な品質のフードを作っているところも存在するのが実情ですが、それに反して、本当にネコちゃんの健康を考えた、質の高いフードを作っているメーカーもありますので上手に選びたいものです。