MENU

キャットフードの種類、総合栄養食・おやつ・目的食の使い分け方とは

キャットフードの種類、総合栄養食・おやつ・目的食の使い分け方とは

キャットフードの種類

キャットフードを探しに出かけるといろんな商品を見ながらドライタイプやウェットタイプがあるのだなと大まかに見て思うのではないでしょうか。それ以外にもおやつに使えるような目的食などもありますので、どれを購入しようかと吟味していきます。

基本的によく利用されるのは総合栄養食とも言われているドライタイプのもので、多くの人がイメージするフードと言ってもいいでしょう。どれを利用するかは猫の状態を見て食べやすさなどを考えながら選んでいきましょう。少量のものを使っていろいろ試すのもおすすめです。

 

シーンに応じて使い分けを

総合栄養食でもあるドライフードは、一食で十分な栄養を補給できるのが特徴です。日常的に利用するのはこちらでいいのですが、体調を崩したり病気になった時にはウェットタイプを利用したり、またはドライフードと混ぜて与えて食べやすくしてあげるというような使い方もしてみて下さい。

おやつも甘えてくるとついあげたい気持ちに駆られてしまいますが、嗜好性の高いものなのでエネルギー、カロリーが高めです。与える量をきちんと決めてからあげるようにしましょう。ダイエットやアレルギーなどに対応する目的食もあるので、状態を見ながら選びましょう。